気になる症状について正しく理解し正しく対応する

精神を安定させる

カウンセリング

費用や申し込み方法について

最近は、たくさんの人がうつ病にかかってしまいます。うつ病を治すためには、しっかりと知った治療が必要になるでしょう。例えば、うつ病の中でも比較的やっかいなのは自虐うつと呼ばれるものです。自虐うつとは、自分をいじめるようにして自分を否定するようになります。例えば、リストなどをしてしまう場合も、ある意味自虐的な行為といえるでしょう。それだけならばまだよいですが、中には命を断とうとする人も出てきます。なぜこのような病気になるかといえば、精神的なバランスが崩れているからですが、もう少し直接的な原因を明確にすると、それは自分自身に価値がないかなと考えてしまうからです。なぜ価値がないかと考えてしまうこと言えば、仕事をするときでもいやな仕事ばかりしているからです。決して自分の能力とは関係ない仕事をしている人は、自分の能力を発揮することなくなかなか結果が出るものではありません。その結果、自虐的になってしまう傾向があります。これを治療するためには、費用をかけておこなわなければいけません。当然精神科や心療内科などに生き治療していくわけですので、費用はかかるでしょう。費用の多くは、国が負担してくれます。自由診療ではなく保険診療として行っていますので、国が7割ほど負担してくれるわけです。そうすることにより、治療費の負担が小さくなり安心して生活をすることができるでしょう。

自虐うつであることがわかった場合には、自虐うつを治すために専門のところに治療に行った方がよいです。とはどのようなところに行ったらよいかといえば、たいていの場合心療内科を選んだらよいでしょう。心療内科を選ぶ場合にも、のちのことを考えてしっかりとした場所を選ぶことが重要です。腕のいい先生がいるところ選ぶのは当然ですが、それだけではなくもっと別の視点から選ぶことも重要です。具体的には、診断書を書いてくれるところがよいです。患者から診断書を書いてほしいとお願いされた場合、医者の診断書を書かなければいけませんが診断書を書くことを渋る人もいます。特に、傷病手当金をもらう場合や障害年金をもらう場合にはそれをよいと考えている医者ばかりではありません。そのような医者は、診断書を書いてくれない可能性があります。仮に書いてくれたとしても、その内容が不十分な内容だとすれば審査に通らない可能性があります。特に、障害年金に関しては非常に審査が厳しくなっている傾向もあるため金銭に通らないとすればそもそも心療内科に通っている意味がなくなります。このような視点から考えれば、病院選びがとても重要なことがわかるでしょう。このような準備をしっかりすることで、安心してかようことができます。